テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


福島第一原発は速やかに廃炉にせよ
 福島第一原発は本当に大丈夫か-
 3月11日の東北関東大震災と大津波による被災、それに起因する原発事故の発生いらい、報道されるニュースに目を凝らし、関連記事や資料を読み漁るなど原発と原子力に関するにわか勉強を始めた。
 今朝(3月29日)の朝刊各紙は、福島第一原発1号機~3号機のタービン建屋外にある「トレンチ」に汚染水が相当量溜まり、しかも高い数値の放射線量が検出された、との東京電力の発表を報道している。同時に、福島第一原発の敷地内土壌から極めて毒性の強い放射線物質であるプルトニウムが検出された、とも書いている。

 報道に接して、一層深刻な事態に発展しているのでは、と強く危惧する。トレンチの汚染水は満水状態で、今にも海へと流れ出さんとしている。速やかな除去が必要だが、その作業方法はあるのか、そもそもトレンチへの汚染水流入の原因は何か、原子炉格納容器に損傷が生じているのではないか、など疑問は尽きない。だが、東京電力からも原子力安全・保安院からも納得しうる説明はない。

 ど素人的に考えても、原子炉圧力容器や格納容器は給水して冷やさねばならない。一方で、水を注入すれば汚染水が増える、汚染水を除去しないと復旧作業が進展しない、とのジレンマに陥っている。いよいよ八方塞がりの状態で、事態は危機的な程深刻になっているのではないか、と心配する。

 先にもブログに書いたが、やはり人類は原子力を制御する知恵を有しておらず、その暴走に恐れおののいて右往左往するしかないのでは、と考える。
 それでも今はまだ、決死の覚悟で制御し、復旧作業に従事する作業員がいる。原子力事故に関する外国からの支援、IAEAなど国際機関からの支援も寄せられている。それらの英知を結集して、何とかして原子力の暴走を封じ込めてもらいたい。さもなくば、放射能汚染の拡大は避けられず、その影響は重大かつ深刻だ。

 3月29日付朝刊各紙によると、原子力安全・保安院の西山英彦審議官はプルトニウム検出について「健康影響は考えられないが・・・憂うべき事態だ」と語っている。そんな呑気な状況認識で本当に大丈夫なのか。

 昨日から小出裕章(京大原子炉実験所)著「隠される原子力・核の真実-原子力の専門家が原発に反対するわけ」(創史社)を読んでいる。小出氏は研究者として「まぜ電機を使う都会に原子力発電所を建てないのか・・・」との答えを探し求め、その答えを「原子力発電所は都会では引き受けられない危険を抱えたものだからでした」と導いている。
 
 そうなんだ。沖縄に集中する米軍基地問題も原発問題も根っこは一つ、「危険で誰も引き受けたがらない迷惑施設」なんだと思った。

 とにかく、福島第一原発は速やかに廃炉にするしかない。


runking.gif
↑↑このブログを多くの皆さんに知ってもらうためにもクリックをお願いします。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://terukan.blog44.fc2.com/tb.php/750-2541d4ac



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。