テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


米軍機事故と「トモダチ作戦」
 3・11東日本大震災と大津波、福島第1原発の事故で多くの被災者が苦しんでいる最中の去る3月30日、「基地の島」沖縄で重大な米軍機事故があった。
 極東最大の空軍基地カデナを離陸したAV8Bハリアー攻撃機が嘉手納弾薬庫上空で訓練用フレア(照明弾)を誤射した事故である。
 今回の事故で、民間地での具体的被害は発生していないが、嘉手納弾薬庫上空での発射であり一歩間違えば重大事故になりかねない危険極まりない重大事故だ。

 しかも、同機事故は今回が初めてではない。2002年4月、2003年8月、2006年3月、2006年8月にもF15戦闘機からフレアが誤射されている。

 私が怒りを覚えるのは、今回の事故で目撃情報をもとに事実関係や事故原因を問うた報道機関に対し、「海兵多ハリアーは即応能力を維持するために訓練している」と開き直り、原因究明や深謝の表明もなく、3・11大震災で展開している米軍の「トモダチ作戦」をPRする広報に終始した事である。

 3・11大震災に対しては、米軍だけではなく多くの国や国際機関が支援・救援に参加している。「トモダチ作戦」と称する人道支援を口実に普天間飛行場の固定化、辺野古移設を正当化する政治利用は許されない。私達は、今でもケビン・メアの差別発言を忘れてはいないし、「トモダチ作戦」という人道復興支援には感謝するが、県民の生命・身体の安全に危険をもたらす米軍機事故には断固として抗議する。

 米軍は原因が究明されるまでAV8Bハリアーを嘉手納基地上空で飛ばすな!

4月2日 12時45分
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://terukan.blog44.fc2.com/tb.php/752-3bf8f45c



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。