テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


やまない大連立の動き
 民主党が6月22日までの通常国会の会期を大幅に延長する動きに出てきた。会期半ばにして延長論議でもあるまいとは思うが、東日本大震災と福島第一原発事故に対する国会の果たすべき使命を考えると、今年は、通年国会を覚悟して当たらなければならないのでは、と考える。

 「国難(天災と人災による)」とも称される事態を受け、必死の被災者支援と復興への歩みが進む中で、永田町では依然として、政界大連立の動きが止む事はない。大連立構想は菅総理自身から持ち出された。先ず、菅総理は大連立を前提に自民党・谷垣総裁の入閣を唐突に働きかけたものの、一発で拒否された。私もそのニュースに接し、政権協議も、政策合意もないままの大連立構想を強く批判をした。

 谷垣総裁が入閣を拒否した段階で大連立構想は消えた、と思っていたが、今でも民主党と自民党の間で、水面下工作は続いているようだ。時あたかも統一地方選挙の前半戦が戦われている。マスコミは、統一地方選挙での民主党の惨敗を予想する報道で埋まっている。菅内閣への評判もよろしくない。自民党や公明党から、大連立するには菅総理を「代えろ」などと、菅総理への不信の声も聞こえてくる。

 一方の菅総理は、全く辞める気はない、とマスコミは報じている。嫌われようが、何をしようが、政権にしがみつこうというのが、菅総理の方針らしい、とも伝わってくる。それでも「ねじれ国会」や大震災と原発事故への対応批判、不満を乗り切る為には大連立だ、というのが菅総理や側近の者の考えのようだ。

 一度は入閣を拒んだ谷垣総裁も、歴代総裁経験者を訪ねてご意見を拝聴しているらしい。新聞各紙は、中曽根元総理が「期限を付した大連立」を勧め、河野前衆議院議長は慎重な対応を求めたようだと報じている

 私は、先にもブログに書いたが、震災と原発事故対応については、与野党協力すべきと思うし、現に協力している。安易な大連立の政治は、民主主義の根本を破壊する野合でしかない。

2011年4月5日 11時30分

runking.gif
↑↑このブログを多くの皆さんに知ってもらうためにもクリックをお願いします。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://terukan.blog44.fc2.com/tb.php/754-e72bb863



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。