テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


メア氏国務省を退職、収まらないウチナーの怒り
 前国務省日本部長(前在沖米総領事)だったケビン・メア氏が同省を退職した、と琉球新報4月7日付朝刊が報じている。
 メア氏は、ウチナーンチュを「ごまかしとゆすりの名人」と差別し、日本文化を否定する発言をした後も、同省の東日本大震災対策本部に加わり、日米の連絡調整業務を担当していた。私は、日本文化を否定する傲慢不遜な考えの持ち主がそのような重要な役目を果たせるか、と疑念を表明していた。琉球新報は、メア氏の国務省退職は前記差別、蔑視発言が影響したものと報道する。

 私は、メア氏の日本部長解職と国務省退職は当然だと思う。ただ、退職をもって「メア発言」が消えるものではない。「メア発言」と同じような意識で、米国政府高官や議員らが在沖米軍基地の存在を正当化し、沖縄の軍事植民地政策を継続することを許してはいけない。
 「メア発言」に対するウチナーの怒りは、メア氏の国務省退職後も続くであろう。メア氏の今後については、NSC(ホワイトハウス国家安全保障会議)アジア部長への栄転も囁かれている。引き続きその発言、挙動を注視する必要がある。

 米軍は、東日本大震災に対して「トモダチ作戦」と称する大掛かりな人道復興支援を展開した。そのことには素直に感謝する。一方で、災害復興支援が軍隊の本務でないことも確かだ。
 「トモダチ」「良き隣人」と言いながら、沖縄では勤務明けの米軍属による交通死亡事故が「公務中」と認定され、日本側の第一次裁判権すら奪われるという主権国家にあるまじき事件・事故が惹起された。日本政府もそれを容認している。
 AV8Bハリアー攻撃機からのフレア(照明弾)誤射事故も、米軍は「パイロットの不注意によるもの」とのみ発表した。嘉手納弾薬庫上空で、しかも周辺には住宅地域が広がる場所での重大事故である。にもかかわらず、一言の謝罪もなければ、飛行禁止訓練等の措置も全くない。

 沖縄にとって、膨大な米軍と米軍基地の存在は「トモダチ」「良き隣人」として歓迎されるものではない。

runking.gif
↑↑このブログを多くの皆さんに知ってもらうためにもクリックをお願いします。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://terukan.blog44.fc2.com/tb.php/756-c20bded8



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。