テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


永田町に「政界台風」(内閣不信任)は襲来するか
 台風2号は、昨日(5月29日)午後、温帯低気圧に変わった。「台風銀座」沖縄では、昨週末の5月27日から、先島地方(宮古、八重山)そして沖縄本島への台風の襲来が各地に被害を与えている。私は5月28日夜に、友人の息子の結婚披露宴に招待され、祝辞を述べたあと、19時55分発の臨時便で上京した。その日は、強風(那覇で最大瞬間風速55.3メートル)の影響で夕刻から欠航が相次いでいたが、間一髪、臨時便に乗れた。昨日は、終日議員宿舎で過ごしたが、妻からの電話連絡によると、5月28日夜から5月29日夕刻まで停電し、不便を被ったとのこと。(※県内各地で重軽傷61人、農作物被害28億円超、最大27万世帯が停電、一部地域断水)

 さて、昨日のNHK「日曜討論」には、各党国会対策委員長が出演した。主な討論テーマは、菅総理の震災、原発事故対応への評価、特例公債法案と第二次補正予算、会期延長問題、内閣不信任案提出とその対応、などであった。注目の「政界台風」とも言うべき内閣不信任案は、早ければ今週にも永田町を襲来すると予測されている。昨日のNHK「日曜討論」でも、社民党を除く野党は、早期提出と賛成の方向で一致していた。社民党は、未だ党内論議を終えてない。結論を出していない。

 私個人や党内の雰囲気としては、菅内閣の震災と原発事故対応は、「内閣不信任」「問責決議」に値すると考える。とにかく、菅内閣の政権運営は、右往左往し、責任ある決断が遅れ、結果として被災者と多くの国民に失望を与えている。一方で、内閣不信任案の提出は、終盤国会のセレモニーであってはならず、この時期に政局騒動が国民の理解を得られるのか、危惧するものである。菅総理は、指導力においてもダメだが、今、総理を変える時か、多いに悩む。

 民主党政権が歴史的な政権交代の意義を忘れ、新自由主義の政治に回帰し、「国民の生活が第一」の理念に反する政治を突進している事は許せない。特に、対米従属外交による普天間飛行場移設問題に見る沖縄差別政策には、毎日のようにワジワジー(立腹)している。だからと言って、自民党政権の復活も望まない。原発を推進してきたのは、自民党にも大きな責任がある。沖縄を裏切り、国策の犠牲にしたのは自民党政権も民主党政権も同じだ。正直、悩ましいが、悩み抜いて決断するしかない。

 内閣不信任案という「政界台風」は予報通り、6月3日、6月6日あたりに永田町へ上陸するのか、それより早くなるのか、進路を変更するのか、途中で温帯低気圧に変わるのか、それとも勢いを増して「暴風」になるのか、緊張する週明けの永田町の“空模様”を観測中である。

2011年5月30日 10時05分

runking.gif
↑↑このブログを多くの皆さんに知ってもらうためにもクリックをお願いします。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://terukan.blog44.fc2.com/tb.php/798-025a91bf



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。