テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「疑わしきは被告人の利益に」と「疑わしきは政治家の利益に」
 昨日の地元紙朝刊二紙を読んで驚いた。最高裁の報告書で、法科大学院修了者を対象とした新司法試験の合格者が中心となった最近の司法修習生について、教官らが「実力にばらつきがあり、下位層が増加している」「(司法修習の修了試験で)最低限の能力を習得していると認めがたい回答があった」などとみていることが分かったという。
 困ったことだ。報告書は修了試験不合格答案の例として、刑事裁判の「疑わしきは被告人の利益に」という基本原則さえ、理解していないケースを挙げているとも報じている。困ったね。こりゃ大変だ。法曹の「質」が問われることになりかねない。
 司法試験合格者に義務付けられている司法修習期間を短縮し、(かつては2年間、今は1年4ヶ月)法曹増員を図ってきた政府方針に疑問を抱いていたが、やはりなーと思った。もっとも、政治とカネの問題をめぐって、自民党大物政治家達が「疑わしきは政治家の利益に」と恥知らずの行為を繰り返すご時世ではムリもないか・・・。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://terukan.blog44.fc2.com/tb.php/8-70f9a776



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。