テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


菅内閣発足1年、「奇兵隊内閣」の大将が落馬して・・・
 昨日(6月8日)で菅内閣が発足して満1年の節目であった。菅総理は、総理就任会見で「奇兵隊内閣」と名付けたい、と語ったが、どうやら「奇兵隊」の大将(総理)が落馬し、大負傷の挙げ句、再起不能になったようだ。

 衆議院は、翌日の本会議で、東日本大震災復興基本法案を可決成立させ、参議院へ送付し、参議院で6月17日までに法案成立の見込みである。

 今のところ自民党・公明党が「復興基本法」の成立までは協力するが、それ以上、菅内閣には一切協力しない、と明言しているので、6月中にも退陣に追い込まれるのは必至の状況だ。菅総理は、第二次補正予算の成立、公債特例法案の成立にメドを付け、花道を飾りたいとの願望のようだが、自民党・公明党など、野党の態度や参議院での野党多数の状況を踏まえると、それもはかない願望に終わるだろう。

 野党は、参議院で問責決議案を提出して攻めてくるだろう。菅総理の辞任のタイミングを絡んで6月22日までの会期延長問題も微妙になってきた。菅総理が言う、通年国会も困難だ。民主党内の代表選挙、次期総理指名、新内閣誕生、第二次補正予算の編成・・・と政治(国会)は動いて行くだろう。

 さて、菅内閣の一年を振り返ると、「有言実行内閣」を標榜した割には、政策決定の決断力に乏しく、民主党内権力闘争に明け暮れ、「有言不実行内閣」であった。とにかく、政策決定にモタモタし、国会運営もスピード感がなく、そのくせ消費税増税、TPP推進、日米合意踏襲の対米従属外交と新自由主義路線を爆進した1年であった。

 浜岡原発停止要請など、評価すべき点もたしかにあった。菅総理の後に誰が総理になるのか、現段階では私などに予想もつかない。ましてや、自民党政権の復活はなんとしても阻止したい。民主党内のリベラル勢力、特に脱原発を進め、自然エネルギー政策の推進と沖縄の米軍基地問題を県民の立場で解決せんとする強い意志力の人たちで政権を担って欲しいと臨むが、どう展開をするのであろうか。

 今は、菅総理に多いに期待もしたが、「アカンかったなー」と言う多くの国民と同じ心境だ。

2011年6月9日

runking.gif
↑↑このブログを多くの皆さんに知ってもらうためにもクリックをお願いします。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://terukan.blog44.fc2.com/tb.php/808-4d594628



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。