テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


米軍ヘリパッド工事を阻止するぞ! ―人間の命と貴重種のいのちを守る―
 沖縄本島ヤンバルの東村(ひがしそん)高江集落で米軍ヘリパッド工事阻止の住民座り込み闘争が4周年を迎えた7月3日、「座り込み4周年報告会」に参加すべく、現地を訪問した。

 夏のヤンバルの森の深い緑と柔らかな風、澄んだ青空と群青の海が温かく歓迎してくれた。

 「米軍ヘリパッド工事」とは、米軍北部訓練場の一部返還に伴い、東村高江の住民地域の近辺に、ヘリコプター着陸帯を移設(新設)する工事である。

 ご存知のように、東村高江を含むヤンバルの森(沖縄本島北部地域を通称“ヤンバル”と呼ぶ)は、豊かな自然環境に恵まれ、生物多様性に富む、貴重な「自然の宝庫」である。ヤンバルの森には、ノグチゲラなどの国指定の天然記念物が多数生息している。貴重な植物群落もある。何よりも「自然の宝庫」に包まれた住民らの営みがある。最近は、「自然の宝庫」を求めて、県外各地から移住する者も増えてきた。

 米軍ヘリパッド工事は、住民らの激しい「座り込み闘争」の阻止行動で工事は進捗していない。東村高江の住民だけでなく、多くの県民、国際的自然保護運動団体などの支援もあり、米軍ヘリパッド工事阻止の闘いは確実に拡大しつつある。

 3月から6月の間は、天然記念物ノグチゲラの営巣期間にあたり、工事は全面ストップする。だが、自公政権も民主党政権も、大規模な生態系破壊、貴重な種を破壊する工事の中止を米軍に要求する意志は全くない。7月に入り、ストップしていた“工事再開”の意志を表明している。全く許せない。怒り心頭だ。

 この間、私も国会審議の場で、再三再四追及してきた。防衛、外務の大臣や政務三役らに直接に要請もした。大臣らの態度は、馬耳東風、ヤンバルの森何するものぞ、という不遜で傲慢だ。

 政府は、一方で生物多様性の保全を強調し、他方で米軍の言うがままの生物多様性の破壊を推進する。言行不一致、沖縄差別以外の何ものでもない。

 私は、この間、東村高江の米軍ヘリパッドは、辺野古への普天間基地移設とも深く、強く、具体的に連動する、と警鐘を乱打した。オスプレイの普天間基地配備と沖縄本島北部地域での訓練演習が現実化した。オスプレイの墜落の恐怖やオスプレイの風圧によるヤンバルの森破壊も現実化した。

 東村高江における米軍ヘリパッド工事阻止の闘いは、住民らの命と多様な貴重種のいのちを守る「無抵抗の抵抗」である。必ずや、住民らの正義が最後には勝利する、と信ずる。それがゆれに私もその戦列に加わる。これまでも、そしてこれからも。

2011年7月4日 9時20分

runking.gif
↑↑このブログを多くの皆さんに知ってもらうためにもクリックをお願いします。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://terukan.blog44.fc2.com/tb.php/825-52a87673



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。