テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


古川康佐賀県知事も原子力マフィアの一味か?
 8月1日付、沖縄タイムス1面トップ記事の見出しは、「脱原発 世界へ訴え 福島で初の原水禁大会」である。同じく、琉球新報の1面トップ記事の見出しは「電力労組、民主に1億円超」となっている。

 琉球新報(恐らく通信社からの配信)の記事は、「会社側は自民党に、労組側は民主党に資金を集中させて労使一体で政界に影響力を強め、原発を推進した構図が浮き彫りになった。」と解説する。原発に群がった政治家たちの実態も、どんどんマスコミで暴かれつつある。もちろん、「脱原発」の私や社民党には、1円たりとも廻ってこない。当然といえば当然だ。

九州電力玄海原発(佐賀県玄海町)の再開をめぐる「やらせメール」問題が発覚した時に、私はブログに「九州電力の社長は即刻引責辞任せよ」と書いた。経済産業省原子力安全・保安院の「やらせ意見」問題では、「安全・保安院」は、「危険・不安院」と化したので、「即刻、解体・組織再編すべし」と書いた。原発会社、国、県が一体となり、世論操作をして、原発再開ありきの政策を推進する馴れ合い政治を断罪し、訣別すべきである。

 そのような情勢の中で、古川康佐賀県知事が九電幹部との面談の折に、「やらせ意見」を誘発するかのような発言をしていた事が発覚した。古川知事も九電幹部から個人献金を受けていると報道されている。すると、古川知事も、原子力マフィアの一味か?

 8月も腹立たしい朝から始まった。

 2011年8月1日 9時22分

runking.gif
↑↑このブログを多くの皆さんに知ってもらうためにもクリックをお願いします。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://terukan.blog44.fc2.com/tb.php/847-cbaeb7a9



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。