テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


民主党岡田幹事長の脅し ―特例公債法案と政党交付金支給差し止め―
 延長国会の会期も残り1ヶ月を切った。政局の動向など、野党の少数政党に身を置く立場で確実に見通せるものではない。かかる永田町の「8月の憂い」の中で、昨日、気になる民主党・岡田幹事長の記者会見発言をテレビニュースで知った。
 
 岡田幹事長は、焦点になっている赤字国債発行のための特例公債法案について、「今国会中に成立しなかった場合の予算執行抑制策として、各政党への政党交付金の支給差し止めを考えている」旨、語っている。現段階で、特例公債法案の成立に反対している野党を牽制する脅しのテクニックだろう。

 野党各党が特例公債法案に反対する理由については、各々違いはある。だが、野党各党が掲げる反対理由を取り除き、予算歳出のムダを省く努力を尽くさずして、「賛成しなければ政党交付金の支給を差し止める」などと脅す。私は、差し止めればいいじゃないか、と思う。何も反対する野党のみが困るわけではない。民主党だって困る。政党交付金の支給差し止めをやるなら、各党と合意してやればいい。

 菅総理も、昨日、親しい自らの議員グループの会合で、「今国会で特例公債法案が成立しない場合は、9月以降も続投する考え」を示したようだ。菅総理が9月以降も続投したいなら多いに結構だ。これまた、やれるなら続投して下さい。「けっこう毛だらけ、猫灰だらけ」だ。

 突然話題は変わる。

 昨日のブログに、「古川康佐賀県知事も原子力マフィアの一味か?」と書いた。早速、ブログを読んだ九州の方から電話がかかってきた。フリー百科事典『ウィキペディア」によると、古川康知事も九電幹部から個人献金を受けていること、2007年プルサーマル実施に関する県民投票条例制定が否決された時、「県民投票は不要」との見解を示したこと、古川知事の父上が九電社員で、玄海原発PR館の館長であったこと、などの記載があると教えられた。

 早速、「ウィキペディア」に当たると、その通りだった。しかも、自治省の役人時代に沖縄県に出向していたことも判明した。2003年県佐賀知事に当選後、原子力マフィアの一味に加わったのか?

 今日の読売新聞朝刊によると、古川知事が「やらせ意見」誘発の方法として、「やらせメール、やらせネット」の投稿例示までやっていた、と暴いている。本人も認めたようだ。佐賀県民は、もっともっと怒って、古川知事の責任を追及してほしいものだ。

2011年8月2日 11時30分

runking.gif
↑↑このブログを多くの皆さんに知ってもらうためにもクリックをお願いします。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://terukan.blog44.fc2.com/tb.php/848-4fd5b1a1



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。