テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


野田消費増税候補の出馬表明 ―おもしろくなった民主党代表選―
 8月9日付朝刊各紙は、野田佳彦財務大臣が、菅総理の後任を決める次期民主党代表選挙に出馬表明をした、との記事が掲載されている。

 野田財務大臣は、消費増税の必要性をしきりに強く主張しているので、「財務省の組織内候補」とも揶揄され、皮肉られており、次期民主党代表選挙は、消費増税や復興増税が争点の一つになるものと思われる。

 民主党内にも「反増税派」は多くおり、社会保障と税の一体改革のあり方を含め、「増税」「反増税」の立場で堂々と国民に分かりやすい論戦を展開して欲しいものだ。

 だが、肝心の菅総理になかなか辞任の態度は見えてこない。菅総理の退陣条件となっている公債特例法案や再生可能エネルギー特措法の成立の見通しも不明だ。私は、不十分ではあるが、菅内閣の「減原発」とエネルギー政策の見直し方針には賛成する。一方で、退陣表明から2ヶ月以上が過ぎ、外交課題も手付かずの状態、支持率も10%台に低迷する管内各は、もはや国民の支持と政治的求心力を失っており、菅総理は一刻も早く退陣すべし、と考える。

 世界同時株安の進行、急激な円高ドル安、一向に収束しない原発事故・・・不安だらけの毎日だ。私は、消費増税にも復興増税にも反対の立場であり、野田財務大臣の次期代表選出馬は余り喜べない。野田氏は、明日(8月10日)に政権構想を発表するようなので、その外交、安全保障政策にも注目したい。特に、沖縄の基地問題や日米安保・日米地位協定問題の政策を注意深く見守りたい。

2011年8月9日 11時10分

runking.gif
↑↑このブログを多くの皆さんに知ってもらうためにもクリックをお願いします。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://terukan.blog44.fc2.com/tb.php/853-5233c5af



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。