テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


菅総理の「観念」と次期代表選
 衆議院は、本日(8月11日)本会議が開かれ、公債特例法案が、民主、自民、公明の賛成多数で成立する見込みである。私は、ブログに一貫して書いてきたように反対する。社民党は、党議拘束なしの自由投票だ。衆参10人の少数政党で意見が分かれたのは残念だ。

 菅総理は、ついて「観念」し、昨日の衆議院財政金融委員会で、「新しい代表が選ばれた頃には総理という職を辞する。そして新たな総理を選んでいただく。そういう段階に入っていく」と早々に辞任する意向を明言した。

 思い起こせば、6月2日の退陣表明から2ヶ月余、政治的求心力を失い、政治不信を生み、内閣支持率は10%台に落ち込み、私は「観念」の時期が遅きに失したのではないかと思っている。

 菅総理のエネルギー政策の見直し方針、脱原発に踏み込めない不十分さの中の「減原発」も、一応評価する。だが、政権交代時のマニフェストからの撤退、日米合意を踏襲する対米従属の外交姿勢、スピード感のない震災・原発対応は、批判せざるを得ない。

 民主党執行部は、菅総理の辞任意向の明言で、早ければ8月28にも、次期代表選を実施する準備をしているらしい。時期代表選立候補者も次々と名乗りを上げてきた。次期代表選では、先にブログに書いたように「増税」派、「反増税」派が、消費増税や復興増税を巡っての論戦を展開すると見込まれている。国民に開かれた、堂々たる論戦を期待したい。何しろ、次期民主党代表が、次の総理に選ばれる可能性がすこぶる大きいからである。

 朝刊各紙を読んで気になったのは、現執行部が意中の候補に有利になるように、短期決戦を目論んでいるらしい、との記事である。実際、過去の代表選の結果はその通りに運んだらしい。

 今日は、延長国会のハイライトの日になりそうだ。

2011年8月11日 9時20分

runking.gif
↑↑このブログを多くの皆さんに知ってもらうためにもクリックをお願いします。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://terukan.blog44.fc2.com/tb.php/854-a42bf824



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。