テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


通常国会は終わった。早めに秋の臨時国会を!
 第177回通常国会は、70日間延長されたうえ、本日閉会となった。

 昨日、第95代の総理に指名された野田総理の組閣が9月2日(金)と言われており(一説によると9月5日)、組閣に伴う政務三役の選任、民主党役員人事等が固まる短い期間、国会は遅い夏休みに入るものと思われる。

 とはいえ、「国難」と称される「3.11大地震と大津波」からの復興・再生、福島第一原発事故の一日も早い収束、急激な円高ドル安への対応、深刻なデフレからの脱却、目白押しの外交日程など、とても夏休みを取れる状況には無い。今年度第3次補正予算も臨時国会で早く仕上げないといけない。来年度予算編成作業も待ったなしだ。通常国会で成立を期す事ができなかった法案処理もある。

 さて、話題は組閣と民主党役員人事について戻る。民主党の新しい幹事長、幹事長代理、政調会長、国対委員長が本日午後に開かれた両院議員総会で了承され、新執行部体制が発足した。新しい顔ぶれに対するマスコミや民主党各グループからの声は、「挙党一致」「全員野球の絶妙な人選だ」との評価が高い。参議院会長の輿石氏を幹事長に抜擢した人事には、正直、意表を突かれた。野田総理の思惑が強く働いた事は間違いないが、私は、野田総理が代表選挙で語った乗り越えるべき民主党内の「怨念の政治」のための、采配なのかなーと思う。政権政党の政治力学がどう働いているのか、知る由もない。

 いずれにしても、政権交代後、2年間で3人目の総理誕生は、異常である。昨日、宿舎に一緒に住む孫娘(小学2年生)がテレビニュースを視て、「また総理が変わるの?どうして?この前変わったばかりじゃないの?」と聞いてきた。婿である父親も、私も、説明に窮した。平成の時代に入って17人目、私が参議院議員に初当選した1995年から11人目、衆議院議員に移ってからも7人目である(私の場合、小泉総理は重なっている)。

 昨日のブログにも書いたように、国民の審判を受けない、民主党内の政権たらい廻しによる4人目の総理はない。あってはならない。近く発足する野田内閣は、民主党にとっても正念場の内閣となる。

 臨時国会も早く開いて、沖縄問題や国政全般の課題について論戦したい。

2011年8月31日 16時15分

runking.gif
↑↑このブログを多くの皆さんに知ってもらうためにもクリックをお願いします。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://terukan.blog44.fc2.com/tb.php/872-a6b74ebf



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。