テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「節電」のためは防衛省のウソ
 航空自衛隊百里覇基地(茨城県)のF15戦闘機14機が8月26日から航空自衛隊に那覇基地に移駐し、訓練を続けている。

 防衛省・自衛隊は、訓練移駐について「節電のため」と発表していた。その理由を聞いた瞬間にわが耳を疑った。
 本当に関東地方の電力不足による「節電のため」だろうか。然らば、移駐訓練の節電効果はどれほどになるのか。防衛省・自衛隊は具体的に説明すべきだが、そのような説明は一切ない。そもそも、F15戦闘機の訓練はそんなに大量の電気を消費するのだろうか。私の疑問は尽きなかった。

 那覇空港は、本土復帰の時点で民間専用空港にすることが約束されていた。ところが、復帰からやがて40年経つというのに今なお自衛隊が居座る。軍民共用空港であるせいで、大変に過密で混雑している。その分、トラブル発生の可能性、事故の危険性も大である。

 軍事評論家の前田哲男氏は、9月5日付琉球新報で「自衛隊は、百里基地のF15戦闘機が那覇基地で訓練を行う理由を『節電のため』としているが、ほとんど付け足しの理由だと思う。関東には結構大きな部隊がたくさんあるが、電力不足で訓練に不自由していると聞いたことはない。第一、航空自衛隊がそれほど電力を多く使うわけでない」と述べている。

 今朝(9月8日付)の沖縄タイムスを読んで私の疑問もいっぺんに氷解した。「節電のため」は防衛省・自衛隊による真っ赤なウソで、沖縄に訓練増加という基地負担を押しつけていることがわかった。前田哲男氏の指摘が正しいことも判明した。

 政府は8月30日、茨城県を含む被災地の企業や公共機関など大口需要先に対する電力使用制限令の解除日を9月23日から9月3日に繰り上げると発表した。だが、百里基地は沖縄タイムスの取材に対し「・・・戦闘機部隊の移動展開能力向上が目的。日程を縮小することはない」と説明し、当初の計画どおり9月22日まで移駐訓練を続行するという。

 一方で、今朝は一川防衛大臣が9月11日、12日と両日、沖縄にやってくるとの報道(毎日新聞)にも触れた。こんな状態で一体、何しにくるのだろう。


2011年9月8日 13時00分

runking.gif
↑↑このブログを多くの皆さんに知ってもらうためにもクリックをお願いします。
 
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://terukan.blog44.fc2.com/tb.php/880-fa4b4696



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。