テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


野田総理、仲井真知事、玄葉大臣のアメリカにおける発言
 今朝の東京は台風一過、秋晴れの空が広がっている。

 強い台風15号は、昨日昼に関東地方や震災被災地の東北地方に甚大な被害を及ぼしたようだ。先ずは、台風15号でお亡くなりになった方々や被災者の皆さんに心からお悔やみとお見舞いを申し上げます。同時に、政府の早急な災害応急対策を求めるものであります。

 さて、今週は、期せずして、野田総理、仲井真県知事、玄葉外務大臣のアメリカにおける普天間飛行場移設問題に関する発言があり、様々な反響を呼んだ。

 先ず、野田総理は、今日の未明(現地時間21日昼)に、就任後初のオバマ大統領との会見を行っている。その会見で、野田総理は、米軍普天間飛行場の移設問題について、「日米合意にのっとって、負担軽減を図りながら、沖縄の皆様の理解を頂けるよう全力を尽くしていく」と述べたようだ。(読売新聞速報)

 野田総理とオバマ大統領の会談における普天間飛行場移設問題についての発言内容は、予想通りであり、先の所信表明演説の域を超えるものではなく、具体的な内容展開もなく、論評にも値しない。

 一方、仲井真知事も9月20日(現地時間9月19日)、ワシントン市内のジョージ・ワシントン大学における日米有識者会議「沖縄クエスチョン ~地域の安全保障と日米同盟 そして普天間~」で演説し、「日米安全保障条約は日米にとって大変重要な条約だと思っている」との安全保障観の認識を表明しつつ、日米合意の辺野古移設ではなく、「県外移設」を強く求める確乎たる意見を表明した。仲井真知事は、従来の県内移設容認の立場から県外移設要求へ転じた県内世論や政治情勢の変化にも触れ、「普天間の固定化も無理」、普天間飛行場返還と嘉手納以南の基地返還について「パッケージ論」を強く批判、不要となった在沖米軍基地の早期返還を求めている。

 私は、安全保障観において、仲井真知事とは異なる考えを持つが、普天間飛行場の「県外移設」を求める考えにおいて一致する。仲井真知事が訴えるように、日米両政府が普天間飛行場の固定化ではなく、その危険性除去のためにも辺野古移設ではなく、国外もしくは国内各地の既存の米軍基地や自衛隊基地へ速やかに移設すべきである。移設可能な適所はたくさんある。ともあれ、野田総理とオバマ大統領の初の日米会談直前のアメリカにおける仲井真知事の発言は、タイミング的にも、内容上も大いに良かった。

 丁度その頃、玄葉外務大臣とクリントン国務長官の初会談における普天間飛行場移設問題に関する言及もあったが、単なる「フリ ユンタク」(つまらんおしゃべり)と同じ程度で、こちらは全くの論評外だ。(玄葉大臣、ごめんなさいね。)

2011年9月22日 10時10分

runking.gif
↑↑このブログを多くの皆さんに知ってもらうためにもクリックをお願いします。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://terukan.blog44.fc2.com/tb.php/890-0f4126b5



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。