テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


斎藤勁官房副長官は沖縄の真実を総理に伝えよ
 ちょっと長いブログの標題になった。斎藤勁内閣官房副長官とは、同じ昭和20年生であり、参議院議員当選も同じ1995年7月である。当時、彼は社会党、私は社会党と同一会派の無所属議員であった。

 その斎藤官房副長官が、一昨日(9月27日)来県し、仲井真県知事、嶺県議会議長、稲嶺名護市長らと面談している。地元二紙は、野田内閣発足後、初の政府高官の沖縄入りを大きく報道している。私も、斎藤官房副長官の沖縄入りについて、来県する10日ほど前に情報を得ていた。来県の目的や狙いもだいたい察しがついたので、特に関心はなかった。

 それはそうとして、仲井真知事や稲嶺市長からは、普天間飛行場の辺野古移設について「県や名護市の態度は変わらない」「辺野古移設は不可能」と言われたようなので、素直に沖縄の真実を総理に伝えてもらいたい。斎藤官房副長官も、知事や名護市長の厳しい意見を「十分受け止めている」「県民と合意することなく(辺野古)移設が進むわけがない」と語ったようなので、是非とも発言の趣旨を守ってもらいたい。鳩山元総理のように、簡単に発言を反故にすると、ただでさえ民主党政権に強い不満と反発がある中で、「火に油を注ぐ」事になり、野田内閣も炎上するであろう。

 斎藤官房副長官は、普天間飛行場の「国外・県外移設」を求める超党派の「沖縄等米軍基地問題議員懇談会(会長は民主党の川内博史衆議院議員)」の役員でもあるので、官邸に入ったからといって、初志を忘れてもらっては困る。しかも、彼の選挙区は横須賀基地や厚木基地のある神奈川、私は「基地の島」沖縄である。

 私は、斎藤官房副長官が在日米軍の実態を良く知る者として、野田総理や他の関係閣僚に対し、アメリカに従属せず、外務・防衛の官僚たちの暗躍も許さず、政治主導で普天間問題を真の解決に導くよう期待したい。

 特に、野田総理が最近、「普天間基地の固定化」を口にするが、いかなる事があっても固定化ではなく、早期閉鎖・返還が沖縄の真実、名護市の真実、「普天間」の真実である事を野田総理にすぐ伝えるべきである。そうでない限り、野田総理が儀礼的に来県しても、再び「怒」「怒」「怒」のプラカードで迎えられるだろう。

2011年9月29日 16時30分

runking.gif
↑↑このブログを多くの皆さんに知ってもらうためにもクリックをお願いします。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://terukan.blog44.fc2.com/tb.php/895-24df3a7d



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。