テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


メンソーレ「世界のウチナーンチュ」 -歓迎できない野田内閣閣僚らの来県-
 衆議院チェルノブイリ原子力発電所事故等調査団の一員として、去る10月5日から本日まで大変有意義な視察・調査に参加してきました。無事に那覇空港に到着し、先程わが家に辿り着いたところです。
 今朝(現地時間きのう)は、フランスのマルセイユ空港、パリ・ドゴール空港、羽田空港経由那覇空港まで約16時間飛行機に乗りました。

 さて、今日(10月13日)17時から第5回世界のウチナーンチュ大会の開会式があり、大会には23ヵ国・2地域から約5,200人の日系人が集うようだ。5年に一度の大きなイベントである。来県された「世界のウチナーンチュ」の皆さまを心から歓迎したい。メンソーレ ウチナーンカイ。

 昨日は、約4,500人の「世界のウチナーンチュ」がそれぞれの国や地域の民族衣装に身を包み、歌や踊りでにぎやかに那覇市の国際通りをパレードしたようだ。
 大会では、今日から10月16日まで様々なイベントがくり広げられる。おそらく、移民県沖縄を反映して各市町村でも独自の企画イベントが開催されるに違いない。

 「世界のウチナーンチュ」の来県は心から歓迎する。その一方で、野田内閣の閣僚や民主党幹部らが続々と来県すると地元紙や中央紙は報じている。こちらの来県は、正直意図が見え見えなだけに「有り難迷惑」だ。心から歓迎とはいかない。

 川端沖縄担当大臣の来沖に続き、一川防衛大臣が10月16、17日の両日、玄葉外務大臣が19、20日の両日、野田総理も11月のAPEC前、あるいは12月に来県予定だとされる。北沢前防衛大臣も昨日(10月12日)から来県しており、前原政調会長も11月3日~5日の日程で来県予定とのこと。
 
 一体、野田内閣の閣僚や民主党幹部は「何のために」「誰と会うために」来県するのだろう。彼らの目的は唯一、普天間飛行場の辺野古移設(日米合意の実現)を図ることにあろう。いや、それ以外に考えられない。要するに、普天間飛行場の「県外移設」を公約にする仲井真知事の「説得」「理解を得る」との名目による圧力攻勢だろう。
 だが、どんなに野田内閣=民主党政権があがき、焦っても、ダメなものはダメで辺野古移設は実現不可能だ。

 ここは時差ボケしている暇はない。早速、関係者と連絡を取り合い、情報を交換し、有効な反撃策を講じたい。

 来県された「世界のウチナーンチュ」の皆さんにも日本政府のウチナーに対する不条理を訴えることにしよう。

10月13日 15時20分

runking.gif
↑↑このブログを多くの皆さんに知ってもらうためにもクリックをお願いします。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://terukan.blog44.fc2.com/tb.php/900-419d71c9



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。