テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


パネッタ国防長官よ、「しまった」と思うなよ! ―日米会談への忠告―
 昨夜来日したパネッタ米国防長官が、今日中にも野田総理、一川防衛、玄葉外務大臣らと会談する。

 私は、昨日のブログでも、パネッタ米国防長官との日米会談において話し合われるであろう内容や結果については、すでに「想定内」のものであり、日米合作の「茶番劇」に終わるだろうと予想する、と書いた。

 パネッタ米国防長官との会談において、野田総理と防衛、外務の両大臣は、普天間飛行場の辺野古移設を前提とした日米合意を踏襲する立場から、辺野古アセスメントの「評価書」を年内に沖縄県に提出する事をアメリカに伝え、日米合意が着実に進展している、とアピールするであろう。

 だが、再三再四言及してきたように、沖縄の民意と強い抵抗で辺野古移設の実現は不可能であり、このような野田政権からの回答は、単なる問題の先送りであり、アメリカに対して日本政府は努力を尽くしているとのポーズ作り、アリバイ工作にすぎない。

 パネッタ国防長官よ!あなたが会談における野田総理や防衛、外務の両大臣の言葉を信じ、たやすく辺野古移設が実現すると思い込んだら、「しまった」「騙されたか」と反省するに違いない。老婆心ながら忠告しておきます。

 今日(10月25日)の沖縄タイムスは、米国特約記者の平安名純代さんの署名入りで注目すべき記事を掲載している。記事によると、パネッタ米国防長官は、訪日前に米上院軍事委員会のレビン委員長、マケイン筆頭理事、ウェッブ議員らと会談し、これらの各議員から「米軍普天間飛行場を名護市に移設するとした現行計画の変更を日本政府に呼び掛けるよう」要請されていたらしい。

 私は、結論として、レビン委員長らと同じく辺野古移設は実現不可能と考える。ただ、レビン委員長らが提案する「嘉手納統合」にも明確に反対する。「世界一危険」な普天間飛行場は、即時閉鎖・返還すべきである。辺野古を含む沖縄県内移設ではなく、「国外、県外」へ移設すべきだ。その方が普天間問題の早期解決につながる。

 パネッタ国防長官、後で「しまった」と思わぬためにも、アメリカ政府からも日本政府に日米合意の白紙撤回と現行計画の変更協議を呼びかけてほしい。どうも歴代の日本政府は、沖縄に構造的差別を押し付け、基地負担の犠牲を強要してまでもアメリカの顔色を伺い、自らアメリカに沖縄の真実を伝え、交渉する意志を予め放棄しているのです。アメリカに対して物申す勇気がないのです。

 だが、言っときますが、日米両政府が従来の態度を固辞すると、日米同盟を揺るがす大きな反米、反基地闘争が沖縄で起りますよ。

2011年10月25日 12時00分

runking.gif
↑↑このブログを多くの皆さんに知ってもらうためにもクリックをお願いします。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://terukan.blog44.fc2.com/tb.php/910-491a49ff



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。