テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


高江のヘリパッド建設現場が緊迫!-国が工事再開、全国から支援を-
 昨日(11月15日)午前、東村高江の米軍ヘリパッド建設工事を阻止するために座り込み監視行動を展開している住民、支援する市民団体の者から沖縄防衛局や作業員、名護署員らが大挙してやってきた、との緊急連絡が入ってきた。

 沖縄防衛局は、米軍ヘリパッド工事現場のヤンバルの森に生息する稀少種、天然記念物のノグチゲラの営巣時期にあたる3月から6月までの間は重機を使った工事を行わないとして、今年2月から工事を中断していた。2月末の重機引き上げの際には、私も立ち会い、確認した。
 6月になると再び重機搬入の動きがあったが、その時にも住民や支援者らの素早い対応によって未然に防いだ。いらい、24時間態勢の監視行動を続けてきた。

 ところが、沖縄防衛局は昨日突如として工事再開を目論見、ショベルカー等を工事現場施設内に搬入せんと住民や支援者らと”にらみ合い”となった。膠着状態は夕方まで続いたが、結局重機の搬入はできなかったようだ。

 私は米軍ヘリパッド建設工事が①豊かなヤンバルの森の生態系を破壊すること、②ヘリパッド建設が普天間飛行場の辺野古新基地建設と密接に連動していること、③したがって、ヘリパッドが作られると普天間飛行場に配備予定のオスプレイの訓練に使用されること、④その結果、高江住民を爆音・墜落の恐怖に陥れ、日常生活が破壊されること、などの理由から断固反対の意思を再三表明し、ブログにも書き綴ってきた。

 昨日の沖縄防衛局による警察権力に守られながらの工事再開は、関係閣僚らが「沖縄詣で」を繰り返し、野田総理が環境アセス評価書の沖縄県への年内提出をAPECでオバマ大統領に約束するなど、日米合意に基づく普天間飛行場の辺野古移設を強行せんとする野田政権の意図を明確にしたものだろう。

 昨日から高江の現場が心配で心配で落ちつかない。現場に張り付く沖縄平和運動センター事務局長の山城博治君から刻々とメールや電話が入る状況が続く。

 このブログを読んでいただけた方々には、是非とも現場の緊迫を多くの者に伝え、拡げ、全国から自立する連帯の支援を寄せてくださるようお願いしたい。

(激励先)
ヘリパッドいらない住民の会
TEL/FAX 0980-51-2688

沖縄平和運動センター
TEL 098-833-3218  FAX 098-833-3123

11月16日 10時15分

runking.gif
↑↑このブログを多くの皆さんに知ってもらうためにもクリックをお願いします。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://terukan.blog44.fc2.com/tb.php/931-ace6983c



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。