テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


田中前沖縄防衛局長の「犯す」発言、一切の「処分」なしで済むのか
 田中聡前沖縄防衛局長のウチナーンチュの尊厳と人権を「犯す」発言について、野田内閣は、「事務方の不祥事」だとして、政治的責任を不問にして幕引きにせんと躍起になっている。このような、野田政権の対応に、仲井真知事をはじめ、多くの県民が不快感を示し、怒っている。

 昨日は、防衛省の中江公人事務次官が沖縄県庁に知事を訪ね、「発言は極めて不適切であり、県知事をはじめ、沖縄の皆様方に心よりお詫び申し上げたい」と陳謝している。これに対して、仲井真知事は「(前)局長の発言は極めて遺憾。互いの信頼感は極めて傷付いている」と伝えたようだ。当初予定の15分の会談もわずか6分で終わったようだ。(12月1日付、琉球新報)仲井真知事の怒りは、県民感情を素直に反映しているものと理解する。

 私が解(げ)せないのは、野田総理が田中問題発言発覚後、丸一日間も沈黙し、ようやく昨日(30日)の朝になって陳謝を表明した事である。恐らく、野田総理、藤村官房長官、一川防衛大臣らは、事務方の不祥事であり、中江防衛省事務次官を沖縄に派遣して陳謝すれば、沖縄の怒りはすんなり収まると考えたのであろう。

 私は、田中(前)局長は罷免すべきで単なる更迭ではすまない、とブログに書いた。田中(前)局長は、局長職を更迭され大臣官房付となったが、それ以外の具体的「処分」は一切ない。単なる局長の首の挿げ替えで済ませようという腹積もりのようだ。

 それでいて、普天間飛行場の辺野古移設を前提としたアセスメント「評価書」は、年内に沖縄県へ提出する方針を堅持する。中江事務次官も昨日の謝罪の席でその事をしっかりと伝えている。本当に許し難い。

 さて、「田中問題発言」は、昨日の野田総理就任後、初の党首討論でも厳しく追及された。野党からは、一川防衛大臣の問責決議提出の話も出てきた。終盤国会の大きな火種となろう。

 沖縄県民の尊厳を著しく「犯した」田中前沖縄防衛局長の発言を、一切の処分もなく、事務方の不祥事で終わらせようとする野田内閣を厳しく糾弾する。

2011年12月1日 12時05分

runking.gif
↑↑このブログを多くの皆さんに知ってもらうためにもクリックをお願いします。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://terukan.blog44.fc2.com/tb.php/945-459f5125



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。