テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


一川防衛大臣、どの顔(つら)下げて沖縄に行くの
 一川防衛大臣が今日(12月2日)夕方にも来沖し、仲井真知事と会談するようだ。一川大臣は知事との会談で、田中前沖縄防衛局長によるウチナーンチュの尊厳を「犯す」人権無視の差別発言を謝罪し、後任の沖縄防衛局長を発表する、とのマスコミ情報も伝わっている。

 一川防衛大臣や野田総理、藤村官房長官らは、「田中局長暴言」を単なる事務方の不穏当発言として一件落着させようと、一昨日中江公人防衛事務次官を沖縄に派遣したが、地元沖縄や中央マスコミ、野党の強い批判を受け、急きょ一川大臣が出向くことになったようだ。

 私は「一川大臣よ、どの顔(つら)下げて沖縄に行くの」と強く言いたい。
 
 しかも、一川大臣は、昨日の参議院復興特委で自民党の佐藤から「1995年の少女暴行事件の中身(詳細)を知っているか」と問われ、「詳細は知りません」などと答えている。呆れて言葉もない。とんでもない一川防衛大臣の沖縄認識だ。

 「少女暴行事件」は、普天間飛行場問題の端緒であり、幼気な少女の人権を侵害した卑劣で悪質な事件である。加えて「少女暴行事件」を契機に、不平等・不公平な日米地位協定の抜本的・全面的改正要求が沖縄中で高まり、拡がった。「少女暴行事件」の根底にある米軍や防衛官僚たちの構造的沖縄差別の延長に「田中局長暴言」問題があるのだ。

 そのことの詳細すら知らないで、防衛大臣の任に当たる資格はない。私は、一川防衛大臣の自発的辞任、さもなくば野田総理による罷免を要求する。少なくとも、一川防衛大臣は問責決議に値する。

 今朝、9時10分からの社民党国対役員会で、私の認識に基づく「少なくとも問責相当」を提案したところ、他の役員からも賛同が得られた。
 したがって、参議院に一川防衛大臣の問責決議案が提出されたら、社民党は賛成することになろう。

 終盤国会、いよいよ風雲急を告げた。

12月2日 10時10分

runking.gif
↑↑このブログを多くの皆さんに知ってもらうためにもクリックをお願いします。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://terukan.blog44.fc2.com/tb.php/946-a272804e



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。