テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


門前払いを食らいました-防衛大臣更迭申し入れ-
 辞書によると『門前払い』とは「来訪者を、会わずに帰すこと」「広義では、用件を聞くか聞かないかのうちに、にべも無く拒絶する意にも用いられる」とある。

 昨日、沖縄県選出・出身国会議員6名が官邸から門前払いを食らいました。

 今日午前、参議院に一川防衛大臣の問責決議が提出された。実は、私たち沖縄選出・出身国会議員は、一川防衛大臣が「95年の少女暴行事件を詳細に知らない」と国会答弁し、田中前防衛局長の暴言に関し「大きなお荷物を背負うことになった」等と発言したことについて、到底安全保障政策・防衛政策の任にあたる資格なし、として野田総理に「即時更迭」を求めていた。
 残念ながら民主党所属の二人の議員からは賛同を得られなかったが、県民感情と強い民意に照らし、きちんとした意思表示をすべき、との結論に達していた。

 早速、申し入れ書を作成し、政権与党の一員である下地議員(国民新党)を介して、官邸の然るべき者と直接面談のうえ手交することを求めてた。
 ところが、昨日の昼過ぎになって、官邸側は「政府の立場として受け取れない」との態度を示し、私たち沖縄選出・出身国会議員の申し入れを門前払いにしたのだ。
 一川防衛大臣の「即時更迭」申し入れを呼びかけた私としては、全く納得できないし、門前払いの官邸の態度に怒りを覚える。

 一川防衛の問責決議は、今日午後の参議院本会議で間違いなく可決されるだろう。
 それでも、野田総理は一川防衛大臣を庇い続けるのだろうか。そして、一川大臣は「致命的な発言ではない」として、大臣の椅子に座り続けるのだろうか。
 私は、国民世論がそれを許さないと思う。

 末尾に、門前払いされた申し入れ書の全文を掲載する。

-----

内閣総理大臣
野田 佳彦 殿

一川防衛大臣の即時更迭を要求する申し入れ

一川保夫防衛大臣は去る12月1日、参議院東日本大震災復興特別委員会で1995年に起きた米兵による「少女暴行事件」の中身について問われ、「正確な中身を詳細に知らない」との国会答弁を行った。後に、一川大臣は「国会の公式な委員会の場で詳細に説明する事案ではないと思い、ああいう発言になってしまった」と釈明しているが、「詳細」を知っていれば、係る発言には至らなかったはずである。
「少女暴行事件」は、普天間飛行場移設問題や日米地位協定の改正要求など、今日の沖縄の基地問題の端緒となった悲惨極まりない重大事件である。一川大臣の認識は、あまりにも浅はかである、と批判せざるを得ない。
また、一川大臣は12月2日、田中聡前沖縄防衛局長による女性を冒涜し、沖縄県民を侮蔑する発言を謝罪するために来県した際、「今回の発言で、大変大きな荷物を背負うことになった」と述べた。その一方で、「県内にもたくさんの防衛施設や防衛省、自衛隊の職員もいるので、任務に悪影響のないように責任を果たしていく」とも語っている。
一連の一川大臣発言は、防衛省職員や自衛隊員に向けられており、明らかに「内向き」で自己保身的である。沖縄県民や女性の心痛に思いを寄せ、心から謝罪しようとの念が感じ取れない。
以上のことをもってしても、もはや一川防衛大臣に、沖縄の基地問題をはじめとするわが国の安全保障政策・防衛政策の重責を任せるわけにはいかない。防衛大臣職を続ける資格がないと厳しく指摘せざるを得ない。
にもかかわらず、野田総理は一川大臣を庇い、更迭を否定する国会答弁を繰り返している。一川大臣も「職責を全うしたい」と辞任する考えがないことを強調するばかりだ。私たち沖縄県選出・出身国会議員としては、県民の尊厳と民意に照らし、とても承服できるものではない。
よって、野田総理大臣におかれては、一川防衛大臣を即時更迭するよう強く申し入れるものである。

2011年12月8日

-----

12月9日 12時30分

runking.gif
↑↑このブログを多くの皆さんに知ってもらうためにもクリックをお願いします。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://terukan.blog44.fc2.com/tb.php/954-02cd377b



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。