テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


野田内閣の支持が続落 ―不支持43%、支持31%―
 あっと驚く数字だ。直近の各マスコミ世論調査の結果で、野田内閣の不支持率が支持率を上回り、逆転している。野田内閣の発足以来、支持率は続落し、「どうにも止まらない」勢いだ。

 朝日新聞社が、12月10日、11日の両日に実施した全国定例世論調査(電話)によると、支持率は31%、不支持率が43%である。11月の前回調査は、支持率40%、不支持率は33%である。

 野田政権発足後の支持率下落は、自民党政権時代の福田内閣、麻生内閣以来のスピード下落のようだ。もはや、野田内閣の閉塞感どころか、求心力を完全に失っている。政党支持率では、民主党20%、自民党16%となっているが、他のマスコミ調査で、政党支持率でも自民党が民主党を逆転しているデータもある。(悲しいかな、わが社民党は、1%前後を低迷している)

 朝日新聞社の前記世論調査で「野田さんが首相として何をしたいのか、あなたには伝わってきますか。伝わってきませんか。」との問いに対し、「伝わってくる」20%、「伝わってこない」71%である。国民の圧倒的多数が、野田総理に「発信力」がないと感じているのだ。

 先に、参議院で問責決議が可決成立した一川防衛大臣、山岡消費者担当大臣の野田総理の続投表明に対し、「評価する」25%、「評価しない」59%である。野田総理も問責2大臣も、この厳しい世論結果を真剣に受け止めるべきである。

 消費税を「2010年半ばまでに10%に引き上げる」との野田総理の方針には、「賛成」「反対」が各45%と拮抗している。私は、消費税増税の本質が分かると、逆転するだろうと思っている。

 政権交代後の4人目の総理交代は、解散・総選挙を経ない形ではあり得ない。認められない。消費税増税も、そもそも民主党のマニフェスト違反だから、法案提出前に国民の信を問うべきである。

 一川防衛大臣にしても、問責決議を受けた大臣がアセスメント評価書を責任者として沖縄県へ提出するなど、断じて許せない。一刻も早く辞めるべきだ。

 12月13日、14日の両日で調整していた衆議院予算委員会におけるTPP集中審議も問責2大臣の罷免を求めて野党が抵抗し、審議入りできないでいる。

 年明けの早い時期に間違いなく解散・総選挙がやってくる。その覚悟と決意をもって、気合いをこめて閉会中も国会内外で闘うのみだ。

2011年12月13日 11時20分

runking.gif
↑↑このブログを多くの皆さんに知ってもらうためにもクリックをお願いします。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://terukan.blog44.fc2.com/tb.php/956-b4208cc6



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。