テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


石原幹事長よお前もか!
 訪米した石原伸晃幹事長(自民党)の発言に対する沖縄での怒りが高まっている。

 普天間飛行場の辺野古への移設を決め、推進してきたのは自民党政権の時である。私は、その自民党政権が決めた辺野古移設への回帰をした民主党政権に対し「沖縄への裏切り」「辺野古は不可能」と批判を続けているが、自民党政権への復活は望まない、ともその都度言ってきた。

 自民党沖縄県連は、沖縄の民意を無視することができず、本音はどうか知らんが、建前では「県外移設」「辺野古移設反対」を主張している。ところが、訪米中の自民党石原幹事長は、キャンベル米国務次官補と会談し、米軍普天間飛行場の辺野古移設を超党派で取り組む、と約束したのだ。

 自民党本部が「辺野古移設推進」である事は分かっていた。現に、自民党幹部が民主党幹部の一部と辺野古誘致派とグルになって躍起になっている事も分かっている。私に言わせれば、心ある一部の国会議員を除き、圧倒的多数の国会議員(恐らく約9割)は、やっかいな米軍基地は沖縄に押し付けておけ、とする人たちだ。
 
 自民党沖縄県連の者も、自民党本部の辺野古回帰、基地負担や犠牲の押し付けに本気で怒るのであれば、ウチナーで生きる政治家として、離党して県民とともに闘う勇気と気概を持つべきだ。来年6月は、県議会議員選挙が行われる。その選挙では、沖縄を裏切り、沖縄を差別し、普天間飛行場の辺野古移設を推進する政党(東京に本部を置く)の候補者には、鉄槌を下そう。

 自民党の石原幹事長よ、わざわざ訪米して本音を語ってくれてありがとう。多くの県民に自民党の本性、正体が明らかになった。ウチナーを甘く見るなよ。

2011年12月15日 16時20分

runking.gif
↑↑このブログを多くの皆さんに知ってもらうためにもクリックをお願いします。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://terukan.blog44.fc2.com/tb.php/958-99634be4



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。