テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


消費税大増税一直線-野田改造内閣-
 地元紙の琉球新報社から野田改造内閣についてのコメントを求められ、「改造内閣は清新を欠く、消費税大増税一直線内閣だ。」等と短い論評を寄せた。

 昨日の内閣改造と民主党の一部役員人事は、岡田克也前幹事長を副総理兼一体改革担当大臣に迎え入れたのに象徴される、悲願の消費税大増税へ向けた態勢固めである。

 私や社民党は、消費税大増税反対である。野田総理は岡田副総理と組んで、先に民主党が発表した2014年に8%、2015年に10%への消費税大増税を何としても強行突破するつもりのようだ。
 岡田副総理が兼務する社会保障と税の一体改革担当大臣とは、要するに消費税増税担当大臣である。

 次に、昨日の内閣改造で先に参議院で問責決議を受けた一川、山岡両大臣を更迭、退任させた。野田総理は内閣発足直後も「適材適所」と胸を張り、問責決議後も「辞任する必要はない」と強弁していた。にも拘わらず、通常国会で野党の抵抗に遭うと見るや、内閣改造という見せかけで、両大臣を事実上更迭した。ちょうど1年前の菅総理が問責決議を受けた仙石、馬淵の両大臣の首をすげ替えるために内閣改造をしたのと全く同じパターンだ。菅内閣(当時)がそうであったように、野田改造内閣もますます求心力を失い、内閣崩壊の憂き目に遭うだろう。

辺野古一直線-野田改造内閣-

 昨日発足した野田改造内閣は、日米合意に基づく辺野古移設一直線内閣である。
 退任する一川防衛大臣の後任に、田中直紀参議院議員が就任した。私は、田中新大臣が国会議員として防衛・安全保障問題で発言したり、提言をした記憶が全く無い。一川前防衛大臣と同様に「防衛問題のど素人」ではなかろうか。

 沖縄の米軍基地問題についても、田中新大臣に期待するものはない。沖縄の米軍基地の実態も知らんのだろう。恐らく、田中新大臣も防衛官僚達の手の平で操られ、その意のままに日米合意に基づく普天間飛行場の辺野古移設を強行してくるに違いない。衆議員経歴は確かに長い、その点ではベテランだ。だが、田中真紀子元外務大臣の夫である、という事以外に政界での存在感はない。(どうも失礼)

 そんなこんなで、私は田中防衛大臣の初入閣は、妻の田中真紀子衆議院議員が消費税増税に反対しているので、民主党内の消費税増税反対派を取り込む作戦かな、とうがった見方をしている。

 ともあれ私の立場から、沖縄の立場から、野田改造内閣は全く期待できない。

1月14日 10時30分
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://terukan.blog44.fc2.com/tb.php/982-d0528c72



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。