テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「大寒」の朝、イハ洋一支援の街頭に立つ
 今日は暦の上で「大寒」である。お昼のテレビニュースを観ていると、日本列島が寒さにふるえているようだ。大寒の日の沖縄の朝も寒かった。明日は旧暦の“トゥシヌユールー(大晦日)”である。旧正月の頃は、例年沖縄も冷える。(寒い)

 その「大寒」の朝早く、宜野湾市長選予定候補のイハ洋一さんの応援のため、いわゆる街頭での“手振り行動”(朝立ち)に参加した。渡嘉敷喜代子、新垣清涼の両県議をはじめ、市会議員多数も参加した。

 私のブログで、来月12日施行の宜野湾市長選の意義については、再三に渡り書いた。イハ元市長からバトンを継いだ安里市長の病気療養辞任に伴うもので、イハさんの再登板となった。

 私の知るイハ洋一氏は、豊富な構想力、企画力を有し、強い政策実現力を持っている。もちろん、子育て・保育・教育(特に学校教育環境整備)や雇用創出と地元産業振興など、市長時代に残した実績は大きい。

 私は、自信を持って「宜野湾市の未来を拓く」のは、イハ洋一さんしかいない、と断言する。もちろん、普天間飛行場の閉鎖・返還と跡地の利活用を促進できるのはイハ洋一さんだ。

 沖縄の未来を決する「分岐点」となる来月12日の宜野湾市長選挙に何としても勝ちたい。そのために全力投球する。

1月21日 13時30分

朝立ち
21日 イハ支援を呼びかける早朝行動
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://terukan.blog44.fc2.com/tb.php/990-00f7bceb



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。