テルヤ寛徳のブログ
照屋寛徳 社民党・衆議院議員 沖縄2区
プロフィール

照屋寛徳

Author:照屋寛徳
社民党・衆議院議員
沖縄2区



QRコード

QR



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



訪問者数 since2009.1.8



FC2ブログランキング

クリックをお願いいたします。

FC2Blog Ranking



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


沖縄防衛局長による違法・不当な市長選介入が発覚
 真部朗(まなべ・ろう)沖縄防衛局長による国家公務員法違反、自衛隊法違反等の疑いが発覚した。
 
 昨日の衆議院予算委員会で赤嶺議員(共産)が内部告発によるメール2通のコピーを公表した。そのメールは、沖縄防衛局総務課人事係が局内各部の庶務担当者に充てたもので、1通目は局職員に対して宜野湾に選挙権を有する親族調査と当該職員、親族のリスト作成を指示したもの、2通目はリストアップした職員と親族に真部局長の講話を「必ず聴講するように」と求めたものである。

P2010073.jpg
今朝(2月1日)の中央紙

 予算委員会で追及された防衛省は、急きょ大臣官房秘書課長らを沖縄に派遣し、真部局長ら幹部と講話を聴いた職員らから事情聴取を行っている。

 その結果、(1)指摘されたメールの実在が確認されたこと(2)講話は真部局長が発意し、指示したこと(3)総務部が宜野湾市在住の職員と親族80名をリストアップしたこと(4)1月23・24日の両日、真部局長の講話が実施されたこと(5)講話の記録は存在しないこと等が判明し、今朝(2月1日)の衆議院予算委員会理事会に報告された。

 私には、この事態は予想された。私が事態を予想できたのは、沖縄防衛局には同様の「前科」があり、組織ぐるみの選挙違反(公務員としての地位利用)は、沖縄では公然の秘密であるからだ。
 名護市民投票への不当介入、佐藤勉(元局長)による公用車を利用しての業者に対する選挙運動など、似たようなことが過去にも数多くあった。

 宜野湾市長選挙は2月5日に告示、2月12日が投開票である。私は、今回の宜野湾市長選挙では、民主党政権と自公両党が束になってイハ洋一候補(=社民、共産、社大推薦)に襲いかかってくる、と陣営と支持者には警戒を促してきた。本件を通じて案の定、正体がバレた。
 
 それにしても、今回の真部沖縄防衛局長のメールによるリスト作成指示と講話の実施は、あまりにも悪質極まりない。真部局長は「講話で投票の棄権防止を呼び掛けただけだ」と弁解しているが、そんな子供じみた弁解を信じる人など沖縄にはおるまい。
 
 私は、真部沖縄防衛局長の更迭という行政処分で済む問題ではないと思う。民主主義の根本である公正な選挙に対する違法・不当な防衛省の介入で、中立・公正であるべき国家公務員の任務にも背くものだ。
 明らかな公選法違反、自衛隊法違反、個人情報保護法違反であり、捜査のうえ厳重な刑事罰を処すべきである。

2月1日 11時15分

P2010076.jpg
今朝(2月1日)の地元紙コピー

runking.gif
↑↑このブログを多くの皆さんに知ってもらうためにもクリックをお願いします。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://terukan.blog44.fc2.com/tb.php/999-5261959f



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。